曾我特許事務所
1914年創立

故 曾我清雄 弁理士登録

神田美土代町に特許事務所創設

−大正3年当時より多数国内外クライアントの権利取得に尽力。

創設者・曾我清雄(Sugao SOGA)

現在の所長である弁理士 曾我道治の祖父。 1909年(明治42年)東京帝国大学(現在の東京大学)工学部造船学科卒業、 同年8月より英国弁護士、ウォルター・デハヴィランド特許事務所に勤める。 1914年(大正3年)弁理士登録、同年4月曾我特許事務所を創設。 1960年(昭和35年)死去。

旧丸の内ビルディングに移転

−旧丸ビルオープンと同時に同ビルに移転。
以後67年間同ビルにてオフィスを構える。

大正時代の特許発明明細書

曾我道照 所長就任

前所長・曾我道照(Michiteru SOGA)

前所長。1945年(昭和20年)慶應義塾大学 機械工学部卒業。
1948年(昭和23年)戦後第一回弁理士試験にて合格。 1960年(昭和35年)父・曾我清雄の死去により事務所を継承。 2007年(平成19年)死去。

国際ビルディングに移転(現在に至る)

−業務拡大・人員増加により手狭になり移転。
長年の実績を活かし、国内外クライアントの特許権取得に尽力。

国際ビルディング

所長・曾我道治(Michiharu SOGA)

現在の所長。1987年(昭和62年)慶應義塾大学大学院理工学部機械工学科の 修士課程を修了、同年当事務所に入所する。1993年(平成5年)弁理士登録の後、 1995年(平成7年)より2年間、ワシントンD.C.にある特許事務所で特許実務研修を受ける。 帰国後の1998年(平成10年)、当事務所の副所長に就任。 2007年(平成19年)父・曾我道照の死去により事務所を継承、現在に至る。

Copyright (c) S. SOGA & CO. All Rights Reserved.