曾我特許事務所
1914年創立

特許事務所(弁理士)の主な業務内容を具体的に説明します。

01 特許、実用新案、意匠、商標の出願手続きの代理

特許権あるいは商標権を取得するためには、特許庁に特許あるいは商標の出願 手続きをして、審査を受けなければなりません。この特許、実用新案、意匠、商標 の出願手続の代理が特許事務所の一番重要な仕事です。

02 特許権、実用新案権、意匠権、商標権に対する審判等の手続きの代理

他人の取得した特許権や商標権について、特許庁に対し権利の無効を求めたりすることができますが、これらの権利の取り消し、権利の無効を求める審判等の手続きの代理をします。

03 特許、実用新案、意匠、商標に関する鑑定

ある技術を実施して他人から特許権の侵害の警告を受けた場合、あるいは自分が取得している特許権と同様の技術を他人が実施している場合に、特許権と実施している技術とが抵触しているかどうか専門家として発明の技術内容を法律的に鑑定をします。

04 特許、実用新案、意匠、商標に関する調査

特許や商標を出願する際に、既に同じ内容の特許権や商標権あるいは同内容の特許出願や商標出願があるかどうか調査をする仕事です。

05 特許、実用新案、意匠、商標の権利の移転登録手続きの代理

特許権や商標権は他人に譲渡することができます。この権利の移転を確実にするためには、特許庁の原簿に権利移転の事実を登録する必要がありますが、この特許庁に対する権利の移転登録手続きの代理も特許事務所の仕事です。

06 特許、実用新案、意匠の実施権および商標の使用権の登録手続きの代理

特許権や実用新案権について、その特許を実施する権利を他人に与えることができます。また、商標権について、その商標を使用する権利を他人に与えることができます。これらの実施権および使用権を特許庁の原簿に登録する手続きの代理を取り扱います。

Copyright (c) S. SOGA & CO. All Rights Reserved.